投資信託

【投資信託のメリット】その1「少額から投資できる」

投稿日:2019年1月12日 更新日:

どうも、くりりんです。

前回のブログで、

「投資信託って何?」というテーマでお話をしました。

次に、「投資信託のメリットって何?」ということを解説していこうと思います。今回は、メリットその1です^^

◇今回の内容:「投資信託のメリットその1「少額から投資できる」

geralt / Pixabay

1. 少額から投資できる「100円から!」

投資には様々な種類のものがありますが、例えば「10万円からでないと投資できません!」というものだと、これから新たに投資を始める場合には取っ付きにくいし、損失した場合のリスクも初めから大きくなってしまいます。

一方、投資信託では毎月100円から積み立てて運用することが可能*です。

*ただし、金融機関によって、最低積立金額や取り扱う金融商品が異なります。この点ご注意ください。

以下に、主な金融機関の投資信託における最低積立金額と積立ファンド数を表にまとめておきます(2019年1月12日現在、くりりん調べ)。

金融機関最低積立金額積立金額単位積立ファンド数
SBI証券100円~1円単位2660件
楽天証券100円~1円単位2673件
松井証券100円~1円単位670件
マネックス証券100円~1円単位1175件
GMOクリック証券100円~1円単位約6000件
野村証券
1000円~1000円単位838件

100円という少額から投資ができるのは非常にありがたいですね!

毎日飲むコーヒーを月に1本減らせば、と考えれば手軽さがイメージできると思います。

なお、少し前までは、1万円が最低購入金額だったそうですが、オンラインでの購入が可能になったり、企業間の競争によってユーザー目線の要望を競って取りれていく背景の中で、最低購入金額がだんだん下がってきた経緯があります。

[Pixabay]

2. 楽天証券が盛り上がっている?

ちなみに私はSBI証券の口座を開設して、毎月3万円ずつ積み立てつつ資産運用を行っています。

上の表を作成しているときに、各証券会社のHPを調べているときに、

楽天証券でキャンペーンを1月中まで行っているようでした。

最近、楽天証券のサービス向上が目立つようになってきました。

何より、楽天スーパーポイントが貯まり、そのポイントでお買い物ができたり、そのまま投資に回すことも可能だという点が非常にメリットが大きいと思っています。

SBIユーザーのくりりんとしては「負けるなSBI!」という気持ちが正直なところですが、楽天も頑張ってます。

3. さいごに

特に店舗・窓口での販売ではなく、オンライン専門のネット証券の方が、諸々の手数料やサービスの面で抜きんでている状況です。この手数料やサービスは各証券会社がしのぎを削っている現在は「ネット証券戦国時代」と言われています。いえ、私がそう思っています^^

今回ご紹介した証券会社以外にも、多くの金融機関が投資信託の積立サービスを行っています。気になる金融機関がある方は、ご自身でググってみてくださいね^^

今回はこの辺で。

んじゃまた。

▲目次にもどる



-投資信託
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【今さら聞けない】そもそも投資信託とは?

どうも、くりりんです。 私は現在理系企業に勤めるサラリーマンなのですが、資産運用の柱として「投資信託」を使っています。 今回は、『「投資信託」っていう言葉は知ってはいるけど、そもそも「投資信託」ってな …

【投資信託】バランス型ファンドをおすすめできない3つの理由

1. バランス型ファンドとは:一つのファンドで株式や債券、REIT、コモディティを、国内、先進国、新興国などに分散投資して運用するファンドのこと。
2. バランス型ファンドをおすすめできない3つの理由 
2-1 信託報酬手数料が高い
2-2 自分が何に投資しているかを把握しにくい
2-3実践を通して「投資信託」が学べない

【画像付】投資信託のトリセツ「交付目論見書」の見方

・購入しようとしたけど、いきなり「交付目論見書」がページに表示されて、この見方が良くわからない
・どの項目がそれぞれ投信の何を示しているかがわからない
という方のために、交付目論見書の見方について解説します。
1. 「目論見書」には2種類あります
2. 交付目論見書の取得方法
3. 交付目論見書の構成・内容

【投資信託のメリット】その3 「運用スキルがいらない」

どうも、くりりんです。1. 運用スキルがいらない!ーなぜなら、運用会社の担当者、運用のプロが全てやってくれるからです! 2. 考えるべき3つの「手数料」ー投資信託でかかる「手数料」:販売手数料、信託報酬、信託財産留保額 3. 運用「スキル」は不要、運用「確認」は必要!ー「運用報告書」で運用状況を確認しよう!

損をしない投資信託の選び方(銘柄名の見方も解説)

Tumisu / Pixabay どうも、くりりんです。 これから資産運用として投資信託を検討されている方へ。 ・投資信託を買って資産運用したいけど、投資信託の種類とか銘柄が多すぎてどれを買えば損をせ …

 

どうも、くりりんです。

福岡の理系企業に勤める技術職サラリーマンです(^^)

サラリーマンのための資産運用投資信託をはじめ、科学者としてのキャリアアップについてのノウハウに関する情報を中心に記事を書いてます☆

自身のキャリアアップや資産形成の方法をコンテンツ化してどれだけ収益化できるかを絶賛挑戦中♪

一緒に「向上心」を持って人生をより良いものにしましょう!!(^O^)/