投資信託

理系サラリーマンと相性バツグンの資産運用術とは?

投稿日:2019年1月5日 更新日:

geralt / Pixabay

どうも、くりりんです。

今回は資産運用がテーマです。

まず、資産運用といっても、何のために資産を形成したいか、

という目的によって有効な運用方法は変わってくると思います。

なので今回は、

【「定年退職後(老後)に安心して暮らせるための資金」を用意するための資産形成方法】

について考えてみたいと思います。


1. 老後資金はいくら必要か?

まず、老後資金としていくら必要かを考えます。

シミュレーションの設定として、

  • 夫婦二人で生活
  • 生活費はひと月で計25万円必要
  • 60歳でリタイアして20年間分の資金を作りたい
  • 30歳から60歳まで貯蓄開始する

とします。

生活費がひと月で20万円は妥当か?といわれそうですが、

現在私が妻と子供2人いてこれくらいの生活費なので、まずこれで考えさせてください。

20万円×12(月)×20(年)=48000万円

え!こんなに!?と思いますよね・・・。

そしてこれを30歳から60歳までの30年間で、タンス預金(金利0%)だけで貯めようとすると、

4800万円÷30(年)÷12(月)=13万円

月に13万円ずつ貯金しないといけません。

絶対無理ですよね。。。

副業するにもこの金額を賄うためには相当頑張らないといけません。

しかし理系企業に限らず全てのサラリーマン諸君は本業が忙しくてとても副業なんて無理なはずです。

2. 老後資金の資産形成には投資信託!


そんなときに、有効な資産形成方法として挙げられるのが

「投資信託」です。

投資信託とは。

投資信託とは、投資家から集めたお金を大きな資金としてまとめ、運用のプロが株や債券などに投資・運用を行い、その運用成果を投資家に還元する仕組みの金融商品です。(SBI証券HPより引用)

なぜ投資信託が良いかというと、以下のようなメリットがあります。

  1. 少額で複数の金融商品(株・債券)を購入できるため。
  2. 自分で金融商品が自由に選択でき、金融商品の組み合わせによって、自由にポートフォリオが設定できる。
  3. 金融商品の購入にかかるコスト(手数料)が安い。

投資信託についての基礎知識は、

各証券会社のHPに丁寧にわかりやすく解説しているのでそちらをご覧ください。

SBI証券:http//:www.sbisec.co.jp/

楽天証券:https://www.rakuten-sec.co.jp/

特に、1.の「少額で複数の金融商品(株・債券)を購入できる」のは、サラリーマンにとってとってもありがたいですよね。

具体的には、最近では100円単位でファンドを購入することも可能になってきています。

また、金融商品を毎月一定額ずつ購入する「積立投信」が可能です。

例えば、普段給与が振り込まれる銀行口座から自動引き落としで

毎月1万円ずつファンドを購入していく設定にしておけば、

毎月自動で勝手にファンドを購入して積み立てができるというわけ。

このファンドを長く保有していくことで、金利が複利的に増えていきます

なので、老後資金といったまとまった資産を長期的なスパンで形成するときには、

この積立投信が最適であると考えています。

特に、毎月安定的に給料が得られるサラリーマンとしては、

「毎月一定額」という積立投信は相性バツグン!!

3. 投資信託は毎月いくら積み立てればよいか

さて、ではこの積立投信で一体毎月いくらずつ積み立てていけば、

30年間で4800万円を貯めることができるか。

これを計算してくれる便利なサイトがあります。

先ほども出てきた楽天証券のHPです。

楽天証券 積立かんたんシミュレーション:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

試しに、年利(リターン)5%としてみると。。。

シミュレーション結果はこちら。

シミュレーションの結果、4800万円を貯めるには、年利5%の30年間の複利運用だと毎月57,674円ずつ積み立てればよいそうです。

金利0%だと13万円ずつ積み立てないといけないのに、半分以下で良いと考えるとえらい違いですね。

「リターン5%というのが可能か?」という点についてですが、

どうもそれぐらいのリターンは割と容易にイケちゃうらしいです。

私も実は積立で投資信託をやっています。

初めてまだ1年ちょっとなので正確な期間平均リターンが計算できないですが、

長くやっていればいけるんじゃないかな、という感触は得ています。

4. さあ、投資信託で老後資金をつくろう!

ということで、

サラリーマンなら、老後資金を長期間で貯めるなら、投資信託がおススメ!」です^^

次回からは、投資信託の概要、特徴、メリット、おススメの商品などについて、
わかりやすく解説する記事を書いていきますので、
楽しみにしていただけたらと思います!

それでは今日はこの辺で。

んじゃまた。

▲目次にもどる

-投資信託
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【今さら聞けない】そもそも投資信託とは?

どうも、くりりんです。 私は現在理系企業に勤めるサラリーマンなのですが、資産運用の柱として「投資信託」を使っています。 今回は、『「投資信託」っていう言葉は知ってはいるけど、そもそも「投資信託」ってな …

【投資信託のメリット】その1「少額から投資できる」

どうも、くりりんです。「投資信託のメリットって何?」を解説します。投資信託では毎月100円から積み立てて運用することが可能です。主な金融機関の投資信託における最低積立金額と積立ファンド数を表にまとめておきます(2019年1月12日現在)2. 楽天証券が盛り上がっている?最近、楽天証券のサービス向上が目立つ…

【投資信託のメリット】その3 「運用スキルがいらない」

どうも、くりりんです。1. 運用スキルがいらない!ーなぜなら、運用会社の担当者、運用のプロが全てやってくれるからです! 2. 考えるべき3つの「手数料」ー投資信託でかかる「手数料」:販売手数料、信託報酬、信託財産留保額 3. 運用「スキル」は不要、運用「確認」は必要!ー「運用報告書」で運用状況を確認しよう!

損をしない投資信託の選び方(銘柄名の見方も解説)

Tumisu / Pixabay どうも、くりりんです。 これから資産運用として投資信託を検討されている方へ。 ・投資信託を買って資産運用したいけど、投資信託の種類とか銘柄が多すぎてどれを買えば損をせ …

【投資信託のメリット】その2「手軽に分散投資ができる」

どうも、くりりんです。今回は、「投資信託のメリットその2」ということで、分散投資について取り上げたいと思います。1.多様なパッケージで分散投資できる
2.「インデックスファンド」で手軽に分散投資!
3.簡単かつ最強の分散投資「全世界投資」世界中の株式、債券、不動産のファンドを購入する「全世界投資」。
おススメです。

 

どうも、くりりんです。

福岡の理系企業に勤める技術職サラリーマンです(^^)

サラリーマンのための資産運用投資信託をはじめ、科学者としてのキャリアアップについてのノウハウに関する情報を中心に記事を書いてます☆

自身のキャリアアップや資産形成の方法をコンテンツ化してどれだけ収益化できるかを絶賛挑戦中♪

一緒に「向上心」を持って人生をより良いものにしましょう!!(^O^)/